Posts Tagged: 昆布

焼き明太子のせべんとう

また週末に鶏のから揚げにしたのでおかずに鎮座しています。
常備菜も通常運行中です。

ちくわのチリ卵べんとう

170117

先日、NHKの「きょうの料理」を見ていたら
えびチリ卵、という料理が紹介されていました。

チリソースも、トマトケチャップでできるし、
エビはないけど、おかずによさそうと
早速アレンジしてつくってみました。
(アイデアのみ参考にしたオリジナルです)


◆ちくわのチリ卵(1人前)
  • ちくわ…食べたい分。太めのほうが、メインのおかず感が出る
  • トマトケチャップ…大さじ1
  • 豆板醤…小さじ1/2
  • 卵…1~2個
  • 水…大さじ2
作り方
  1. ちくわを食べやすい大きさに切り、フライパンで焼きつける
  2. トマトケチャップと豆板醤を入れ、炒めて風味を出す
  3. 水を入れ、味をなじませる
  4. とき卵を流しいれ、ソースの汁気をしっかりとじる

何と簡単なこと!
本当は水のところを中華スープにしたほうが、コクが出るかもしれませんが
行き当たりばったりで作ったには、十分な味でした。

テレビでは、エビに片栗粉と卵白をまとわせたり、下処理もしてましたし、
調味料を加えたあと、「おべんとうなので、汁気を減らす必要がある」と
水溶き片栗粉を加えていましたが
「最後に卵でとじれば、汁気でらんやん?」と省略しました。

この作り方、味のバリエーションも出せそう。
バジルソースでもできそうだし、卵との相性しだいかも。

ちくわを見ると、即、磯部揚げしか浮かばない私への
救世主レシピになりそうです。

ちくわの磯部揚げべんとう

161220

クリスマスが、もうすぐそこにやってきています。
プレゼント選びに苦労しますね。
ムスメ2は、アンパンマンに夢中なお年頃なので
案外簡単に選ぶことができました。
空前の「おべんとうブーム」がやってきていることもあり、こちらに。

3人目ともなると、その子のためだけのおもちゃというものが
なかなか買ってあげられないので
きっと喜びも大きいだろうな、と楽しみにしています。

ムスコはもう、ゲームばっかり言うので
今回は初めてのポケモンに。


つい先日、ようやく買った誕生日プレゼントが
スーパーマリオメーカーだったので、ゲーム三昧の冬休みになりますね。

で、毎年悩まされる、ムスメ1のプレゼント。
張り切ってサンタクロースへの手紙も書くけれど
ころころとほしいものが変わるのも、彼女なのです。
自転車→レジ→ベル(美女と野獣)→シンデレラ→…、と
めまぐるしく変わるので、こちらもどのタイミングで購入したらいいのやら。
そもそも、あなたの好きなものは「アナと雪の女王」じゃなかったっけ?

で、こちらも比較的よく欲しいと言い続けたレジにしました。


英語もしゃべるらしいし、バーコードリーダー的なものもあるし
しばらくは楽しめそうな感じ。

ひとまずはこれでミッション1が終了です。
あとは、当日のごちそうを考えねば。

ちくわと舞茸の磯部揚げべんとう

161125

今日は朝から、揚げてみました。
instagramでフォローしている @kota_renault16 さんが
電子書籍版で「今日のべんとう」をリリースされまして
よくでてくるおかずの1つに、ちくわの磯部揚げがありました。

ちょうど買い置きのちくわも、青のりもあったので
朝から揚げもの、という(私にとっての)荒業に出てみました。
すると、とっても簡単。
いつもおべんとうつくりに使っている、
柳宗理の18cmフライパンに油を1cmほど入れたら
ちくわなんて、いともたやすく揚がりました。

衣も、小麦粉大さじ4強に水大さじ4、青のりは適量で。
舞茸は、衣をつける前に小麦粉はたくのを忘れたため
べちゃっとなりました。残念。

あまりにも簡単にできたので、これから子どものおべんとうのときも
揚げようかな、という気になりました。

@kota_renault16さん(=こたさん)の「今日のべんとう」というブログは
もうだいぶ前から見ていました。
さらに言うと、クウネルの中でベスト1企画の
「エブリデイマイ弁当」に掲載された時も見ていましたし、
マネをして「栄養バランス満点カラフルおべんとう」や
ケンタロウのべんとう本も参考にしています。

instagramをはじめてからは、たまにコメントもしたりして。
電子書籍版では、家族のおべんとう、おべんとうつくりへの想いも記されていて、
何より、レシピというよりは、
「おべんとうを通して見える、その人の暮らし」がとても楽しかったのです。

毎日おべんとうを作り出して、まだ半年足らずで
10年続けたこたさんには到底及びませんが、同じような気持ちで
これからまだまだ長く続く、おべんとうつくりライフを楽しみたいと思います。

サーモンフライべんとう

161121

なんと本日、予定時刻よりも1時間寝坊しました。
ムスコの出発予定時刻の8分前。

高速でごはんを1膳分レンチンし、スープを温め、ムスコを叩き起こし。
ヨーグルトとヤクルトを出し、りんごをこれまた高速剥き。
なんとか、予定の10分遅れで出発させられました。

思い起こせば、私が高校生の頃。
同じように出発時刻の5分前に起きても、
必ず朝ごはんだけは食べるように、母はおにぎりを作ってくれました。
時間がなくても、おべんとうは必ず作ってくれていたし。
今の私と同じように、働いていた母も、疲れた体に鞭打って
早起きして、家事をして、と大変だったんだろうな、と思います。

我が家のように、旦那が家事を手伝ってくれていたわけではないし。
うちの父親は、今でこそ家事を手伝っているようですが
私が子どもの頃は、そんな姿は見たことありません。
夕ごはんの手抜き(買ってきたものを温めて食卓に、ということ)も
NGだったようだし、本当、大変だっただろうな。

いろいろと便利になった今の私は
お惣菜を買って帰ることもあるし
乾燥機付きの洗濯機で、タオルの生乾きはないし、
言うほど大変じゃないのかもしれない、と考えるのは日本人の悪い癖ですね。
今の便利さに感謝しつつ、時間の有効活用を考えながら
お昼ごはんを食べることにします。