Posts Tagged: かぼす

照り焼きチキンべんとう(こども)

161114ch

週末、小学校で文化発表会があったため
ムスコは本日休校 → 1日学童、
保育園は、本日おべんとう日のため
自分の分も合わせると、合計4つのおべんとうを作ることとなりました。

先週からの忙しさの余波で、
なぜだかつくりおきをしておくのを忘れてしまい
朝から、どたばたしておりました。

照り焼きチキンは、鶏もも肉をにんにくしょうゆと
自家製ジンジャーエールの素に漬け込みました。
ジンジャーエールの素は、きび砂糖と、スライスしたしょうが、カルダモンの粒、
シナモンスティック、ローリエ、レモン汁で作っておいたもの。
冷蔵庫から発掘されたので、漬けてみました。

砂糖の保湿効果で、お肉がしっとりやわらかく仕上がりました。
オーブントースターで30分、グリルしたので
皮目もこんがりして、とってもおいしかったー。
また今度、同じように作ってみようと思います。

ジンジャーエールの素も、作り足しておこう。
炭酸水だけじゃなくて、あったかいルイボスティーや紅茶に入れてもおいしいし、
これからの時期、重宝します。

照り焼きチキンべんとう

161114

今日のごはんは、昨日精米したばかりの新鮮ごはんです。
旦那の実家が大量に買っておいてくれる玄米があるので
我が家では、無印のトタンボックスに入る分ずつ、精米しています。

コイン精米機に持っていくのは手間なので、精米機まで購入してしまいました。

(構造がシンプルなので、そうそう壊れそうもありませんが、音は大きい)

分搗きにもできるので、たまに5分搗きなどもしますが
子どもたちはやはり白米のほうが、よく食べます。
おにぎりにしても、見た目おいしそうだし。
特に精米したての今は、ついつい食べ過ぎてしまうおいしさ。
玄米購入&精米機と、ストウブ炊飯のおかげで
我が家はおいしいお米ライフを送ることができるのです。

鶏のから揚げべんとう

161107

鶏のから揚げって、いろんな作り方があると思うんです。
小麦粉派、片栗粉派、ミックス派、
にんにく、しょうが、しょうゆ、塩、こしょう…。
この7年近く作りながら、ようやくたどり着いた我が家の味は

  • にんにくしょうゆ
  • すりおろししょうが
  • 片栗粉

以上。

片栗粉をたっぷりまぶしておくことと、
下味を揚げる半日前くらいにはつけておくことがポイントです。
(誰も、知りたいと思ってないかもしれないけど、備忘録として)

最近は、大人はスイートチリソースを付けて食べるので
下味はあまり濃くしないようにしています。

スイートチリソースもいろんな国から輸入されているので
辛さが強いもの、まあまあ辛いもの、といろいろですね。
今は、DEAN&DELUCAで買ったこちらです。

最初はかなり辛く感じたんですが、食べ慣れていくとそうでもなく。
から揚げにチリソース付けて食べると、食べるたびにリセットされて
際限なく食べられてしまうんです。
スイートチリパワー、恐るべし!

ハムエッグべんとう

161102

卵ひとつあれば、おべんとうがこんなにも華やぐものかと。
相変わらず、ちゃんと買い出しに出かけられていないので
近所のスーパーで買った卵が
朝に夕に活躍中です。

目玉焼きが子どもの頃は苦手だったのですが
大人になって、好きになりました。
特に、ごはんにのっけて食べるのが、好き。
チョイ生と、半熟と、完熟と3層になった黄身と
よく焼けてちりちりした白身のバランスが決まると
それで幸せです。
この頃参考にしている焼き方はツレヅレハナコさんの方法。

これだと、3層の黄身が楽しめるのです。
おべんとうなので、今日は最後にひっくり返して
ほぼ完熟にしていますが。

この頃電子書籍セールのときに買った

も結構おもしろくて、作ってみようかな、という気になるレシピが載ってます。
酒のみさんが好きなものって、子どもとか旦那には受けがよくないので
おべんとうに入れるのがちょうどいい。
明日は鶏レバーを買って、塩ゆでしようっと。

しかくハンバーグべんとう

161031

この週末は、ムスメ2がとっても元気はあるし
ごはんももりっと食べるんだけど、38℃後半くらいの発熱が続いたため
まったく買い物に出られませんでした。
なので、ストックしていた食材たちに助けられました。

こういうとき、乾物や冷凍食材があるといいですね。
ただ、圧倒的に野菜(特に緑黄色野菜)が不足していて
また口内炎が続くのではないかと思うと
不安で仕方ありません。

今回の「親芋の煮っころがし」は
八百屋さんで格安で売っていた、
赤ちゃんの頭くらいの大きさの親芋を使っています。

里芋ほど、皮むきも大変じゃないですし
一度茹でこぼしてしまえば、煮物にも、ポテトサラダにも
アレンジができるので便利な食材です。

今日のおべんとうには、煮っころがしを入れましたが
粒マスタードと和えるだけでできる、ポテトサラダもつくりおきしているので
今週のどこかで登場予定です。

この頃は新刊が出たからと言って漫画の単行本を買うことも
めっきり減ってしまいましたが
これだけは、買っています。

今回は、シロさんの作る副菜のレシピは、過去の回を参考に、というのが多かったなー。
そりゃ、毎日の夕ごはんの献立だから、そうなりますよね。

この漫画も、献立で載っているので参考にしやすいです。
なぜか、お味噌汁の出汁が出汁の素を使い続けているのだけが
気になっています。

ちなみに12巻に掲載のもので作ってみたいのは
タブチ君のなすびとささがきごぼうの柳川風、と
鶏肉とかぶの塩炒め、りんごのマフィン。
マフィンは、バターと砂糖の量を見ないで作らないと、ぞっとしますけどね…。