Posts Tagged: えのきたけ

豚汁とおにぎりべんとう

今週もはじまりました。
けど、先週から引き続きのメニューです。

炊き込みご飯でおにぎりべんとう

昨日は、産休に入る同僚の送別ランチ会で、おべんとう抜き。
久々のおべんとうです。

鶏つくね生姜スープべんとう

161213

サーモスのスープジャーのおかげで
寒い日でも、温かいごはんが食べられてうれしい限りです。
今日は特に追加していた大根の味染みがイマイチそうだなと
朝思っていたのですが食べるときには、もうしっかり染みていたのです。

基本的には、煮込んでおいたものを入れていますが
いろんなレシピを見ていると
ショートパスタなら、あっつあつのスープと一緒に入れておけば
茹でておかなくてもよさそうだし
可能性は無限大かもしれません。

体調がよくないけど、会社行かなくちゃいけなくて
なおかつ、何か食べたいけど、おかゆとか食べられるお店がない、というのは
今までもよくあったんです。
そういうときは、おかゆや雑炊を作っていかなくても、
あっつあつのお出汁とごはんさえ入れておけばいいんだし
ごはんが足りないときは、パスタとレトルトのソースがあればいいし。
間違いなく、スープジャーは魔法のアイテムです。

流行ったのは、すでに何年も前の話ですが
今さら、私の中にスープジャー旋風が吹き荒れています。
ああ、セールの棚で見つけておいてよかったー。

定価で買うと、調理家電買えそうな価格ですけど…。
近所のホームセンターで、確か1000円くらいで買えてよかったー。

チーズオムレツべんとう

161212

寒くなってまいりました。
生姜の効いたスープを飲みたくなる季節です。
鶏つくねと白菜の入ったものなら、毎日でも食べられます。
今、きちんと面取りをすることに決めているので
かぶとにんじんは面取りして、出る細かい部分は、つくねに混ぜ込みました。
スープはめんつゆと塩、生姜のみでシンプルに。
子どものころから食べ続けている、懐かしい味です。

これを持っていくと決めていたので、
おべんとうのおかずは等閑になりました。
卵料理強化中なので、オムレツにしたんですがイマイチだったなー。

こないだ再放送のマツコの知らない世界で、おべんとうの話だったので
それを参考にしたんですが、うろ覚えすぎて
チーズしか入れられませんでした。

調べまして、以下の5種類でした。

  • 紅しょうがとキャベツの卵焼き
    (紅しょうが小さじ2とキャベツの千切り)
  • 塩昆布の卵焼き
    (塩昆布小さじ2)
  • 粉チーズとパセリの卵焼き
    (粉チーズ小さじ2と刻みパセリ)
  • ちりめんじゃことネギの卵焼き
    (ちりめんじゃこ小さじ2とネギ)
  • 大葉と鰹節の卵焼き
    (鰹節小さじ2、塩は小さじ1/3、大葉2枚)

今週はこの卵焼きレシピを参考に、おかずを考えようと思います。

こちらの野上優佳子さん、結構レシピ本出してらっしゃる。
Amazon 野上優佳子の検索結果
もう、主婦では、ないですよね…。

おでんととんかつべんとう

161205

今日がムスメ2の誕生日。
平日にお祝いするのは、下ごしらえなどが時間的に厳しいので
日曜のうちに、お祝いごはんをしておきました。
当日である今日は、ケーキよりも彼女が好きなアイスクリームにする予定です。

で、昨日のお祝いごはんは
揚げ物&肉派のため、とんかつとささみのから揚げにしました。
以前コストコで買っていた、豚肩ロースとヒレでたっぷりと。

それよりも食いつきがよかったのは
ようやく価格が落ち着いてきた、白菜で作った浅漬けでしたが。
「はくさい、ください!」とはっきりと大きな声で
何度もおかわりをしていました。

ムスメ2が産まれた当日は
明け方くらいに陣痛がはじまり、
「これは陣痛ではない、まだだ。予定日より早い。ちがう」という思いと
「いーや、やばい。これは産まれるね」と思う自分が戦う中、
とりあえず、ごはんを炊き、おでんを作っていました。
(上の二人は計画出産だったので、
自然な陣痛らしい陣痛を経験したのはこの時が初めて)

でもさすがに痛さの限界を迎え、産院まで車で1時間ほどかけて行きました。
痛くて、寒くて、叫びたいのですが
「いたーーーーーーいーーーーー」と何度か言うと
ムスメ1が「お母さん、こわい」と泣くので
ただひたすら、車のフロントガラスにあたる雪を見つめ、
歯を食いしばり、アプリに陣痛の間隔を入力し続けました。

そんなこんなして産まれたムスメ2も、ちゃんとしゃべるようになり
イヤイヤしながら、大きくなっていっています。

誕生日プレゼントはこれにしました。

3人目ともなると、専用のものってなかなか買ってあげられないし
きっとこれもみんなで遊ぶんだけど
もみくちゃになりながら、今と変わらずたくましく、
優しい子であり続けてほしいものです。