Posts Tagged: もやし

豚汁とおにぎりべんとう

今週もはじまりました。
けど、先週から引き続きのメニューです。

鶏つくねとのりべんとう

久々におにぎり、じゃないべんとうです。
録画していた、「きょうの料理」のおべんとうの回で
ちょうどのりべんと、つくねを作っていたので
日曜の買い物で、鶏ひき肉を買っておきました。

明太子卵焼きべんとう

昨日の夕ごはんの下ごしらえの際に
親鶏こまの甘辛生姜煮、小松菜ともやしの胡麻あえ、
ひじき煮を作っておいたので今朝は比較的、楽ちんでした。

親鶏は地鶏みたいに、噛みごたえがあるので
子どもたちには硬いかな、と思いましたが
旨みが感じられるようで、何度もおかわりしていました。

常備菜とは、いかにご飯の支度のあいだに作ることができるか、というのが
時短のコツだとは分かっていますが
まだまだ小さいムスメ2の相手をしながらだと
平日の夕ごはんの支度と同時進行は難しいです。

今の目標は、
・夕ごはんの支度と一緒に、1品の常備菜をつくること
・翌日のごはんのために、「洗い米」を用意すること
としています。

これだけしておくと、毎日少しだけ、ラク。
夕ごはんのメニューも、基本は「一汁一菜」でよい、という言葉のおかげで
あまり気負わずにいられます。

おべんとうだって、毎日の食事だって
生活の一部なのだから、できる範囲で、
食べたいものと食べなくちゃいけないものを
だいたいのバランスで用意できればいいんでしょうね。

さ、今晩は何の常備菜を追加しようかな。

チーズオムレツべんとう

161212

寒くなってまいりました。
生姜の効いたスープを飲みたくなる季節です。
鶏つくねと白菜の入ったものなら、毎日でも食べられます。
今、きちんと面取りをすることに決めているので
かぶとにんじんは面取りして、出る細かい部分は、つくねに混ぜ込みました。
スープはめんつゆと塩、生姜のみでシンプルに。
子どものころから食べ続けている、懐かしい味です。

これを持っていくと決めていたので、
おべんとうのおかずは等閑になりました。
卵料理強化中なので、オムレツにしたんですがイマイチだったなー。

こないだ再放送のマツコの知らない世界で、おべんとうの話だったので
それを参考にしたんですが、うろ覚えすぎて
チーズしか入れられませんでした。

調べまして、以下の5種類でした。

  • 紅しょうがとキャベツの卵焼き
    (紅しょうが小さじ2とキャベツの千切り)
  • 塩昆布の卵焼き
    (塩昆布小さじ2)
  • 粉チーズとパセリの卵焼き
    (粉チーズ小さじ2と刻みパセリ)
  • ちりめんじゃことネギの卵焼き
    (ちりめんじゃこ小さじ2とネギ)
  • 大葉と鰹節の卵焼き
    (鰹節小さじ2、塩は小さじ1/3、大葉2枚)

今週はこの卵焼きレシピを参考に、おかずを考えようと思います。

こちらの野上優佳子さん、結構レシピ本出してらっしゃる。
Amazon 野上優佳子の検索結果
もう、主婦では、ないですよね…。

ちくわと舞茸の磯部揚げべんとう

161125

今日は朝から、揚げてみました。
instagramでフォローしている @kota_renault16 さんが
電子書籍版で「今日のべんとう」をリリースされまして
よくでてくるおかずの1つに、ちくわの磯部揚げがありました。

ちょうど買い置きのちくわも、青のりもあったので
朝から揚げもの、という(私にとっての)荒業に出てみました。
すると、とっても簡単。
いつもおべんとうつくりに使っている、
柳宗理の18cmフライパンに油を1cmほど入れたら
ちくわなんて、いともたやすく揚がりました。

衣も、小麦粉大さじ4強に水大さじ4、青のりは適量で。
舞茸は、衣をつける前に小麦粉はたくのを忘れたため
べちゃっとなりました。残念。

あまりにも簡単にできたので、これから子どものおべんとうのときも
揚げようかな、という気になりました。

@kota_renault16さん(=こたさん)の「今日のべんとう」というブログは
もうだいぶ前から見ていました。
さらに言うと、クウネルの中でベスト1企画の
「エブリデイマイ弁当」に掲載された時も見ていましたし、
マネをして「栄養バランス満点カラフルおべんとう」や
ケンタロウのべんとう本も参考にしています。

instagramをはじめてからは、たまにコメントもしたりして。
電子書籍版では、家族のおべんとう、おべんとうつくりへの想いも記されていて、
何より、レシピというよりは、
「おべんとうを通して見える、その人の暮らし」がとても楽しかったのです。

毎日おべんとうを作り出して、まだ半年足らずで
10年続けたこたさんには到底及びませんが、同じような気持ちで
これからまだまだ長く続く、おべんとうつくりライフを楽しみたいと思います。