Posts Tagged: 青のり

ゆり根ごはんべんとう

今日のおべんとうは、お正月ならでは素材のゆり根と高級ハムがポイントです。
ゆり根はずっと食べてみたかったのですが
価格と存在感で敷居が高く、初めてのチャレンジです。

前々から食べてみたかった、ゆり根ごはんにしてみました。

我が家は、ストウブ炊飯なので
まず最初の10分は、沸騰するまでお米と水のみで炊き
その後の15分、とろ火で仕上げている間に、ゆり根をほぐしてのせました。
で、食べるときに塩をお好みで振ることに。

まーーーーーーーーーーーー。おいしいこと!
銀杏のような、少しねっとりした感じと
栗のような、ほくほくした感じが混ざったまさに大人の味。

子どもたちには、ひとかけらずつ口に入れましたが嫌がられました。
ほんのり癖もあるし、仕方がないかな。

銀杏よりも下ごしらえが楽だから、茶碗蒸しに入れてもいいし
豚肉と胡椒を効かせて炒めたり、いろんな調理法で楽しめそうです。

もう一つ買っているのでどうやって食べようかな~。

ちくわの磯部揚げべんとう

161220

クリスマスが、もうすぐそこにやってきています。
プレゼント選びに苦労しますね。
ムスメ2は、アンパンマンに夢中なお年頃なので
案外簡単に選ぶことができました。
空前の「おべんとうブーム」がやってきていることもあり、こちらに。

3人目ともなると、その子のためだけのおもちゃというものが
なかなか買ってあげられないので
きっと喜びも大きいだろうな、と楽しみにしています。

ムスコはもう、ゲームばっかり言うので
今回は初めてのポケモンに。


つい先日、ようやく買った誕生日プレゼントが
スーパーマリオメーカーだったので、ゲーム三昧の冬休みになりますね。

で、毎年悩まされる、ムスメ1のプレゼント。
張り切ってサンタクロースへの手紙も書くけれど
ころころとほしいものが変わるのも、彼女なのです。
自転車→レジ→ベル(美女と野獣)→シンデレラ→…、と
めまぐるしく変わるので、こちらもどのタイミングで購入したらいいのやら。
そもそも、あなたの好きなものは「アナと雪の女王」じゃなかったっけ?

で、こちらも比較的よく欲しいと言い続けたレジにしました。


英語もしゃべるらしいし、バーコードリーダー的なものもあるし
しばらくは楽しめそうな感じ。

ひとまずはこれでミッション1が終了です。
あとは、当日のごちそうを考えねば。

ちくわの磯部揚げべんとう

161207

今朝もぐんと冷えていたので、
たっぷり作っておいた豚汁も一緒に持っていきました。

あらかじめ熱湯でサーモス内をしっかりと温めておけば
会社で食べるときまで、あっつあつです。

これに、大好きなちくわの磯部揚げさえあれば、もう十分幸せです。
おべんとうに、ごはん詰めて、磯部揚げ入れて、浅漬け入れて、完成!
何か忘れている気が…、と卵焼きを入れるのを忘れてました。

今日の卵焼きは、多めに佃煮を入れたので味もしっかりしていました。
そして、磯部揚げも、衣に青のりとちょっぴり塩を入れたので
冷めても味がぼけずにおいしかったです。

豚汁といえば、ようやく作れた気がします。
もともと秋って野菜の旬のはざまって感じで
そんなに野菜の値段も安くはないけど、今年の秋は特にひどかった!
大根、キャベツ300円超え、白菜400円超えなんてザラで。
口内炎と、お財布との戦いでした。

さすがに冷えてきたので、冬野菜もとれるようになってきたのか
大根と白菜が買えるようになりました。
おでん、豚汁、ミネストローネ、シチュー、鍋などのあったかいメニューを
思いっきり食べられるのがうれしいですね。

豚汁食べ終わったら、次は何を作ろうかなー。

ちくわと舞茸の磯部揚げべんとう

161125

今日は朝から、揚げてみました。
instagramでフォローしている @kota_renault16 さんが
電子書籍版で「今日のべんとう」をリリースされまして
よくでてくるおかずの1つに、ちくわの磯部揚げがありました。

ちょうど買い置きのちくわも、青のりもあったので
朝から揚げもの、という(私にとっての)荒業に出てみました。
すると、とっても簡単。
いつもおべんとうつくりに使っている、
柳宗理の18cmフライパンに油を1cmほど入れたら
ちくわなんて、いともたやすく揚がりました。

衣も、小麦粉大さじ4強に水大さじ4、青のりは適量で。
舞茸は、衣をつける前に小麦粉はたくのを忘れたため
べちゃっとなりました。残念。

あまりにも簡単にできたので、これから子どものおべんとうのときも
揚げようかな、という気になりました。

@kota_renault16さん(=こたさん)の「今日のべんとう」というブログは
もうだいぶ前から見ていました。
さらに言うと、クウネルの中でベスト1企画の
「エブリデイマイ弁当」に掲載された時も見ていましたし、
マネをして「栄養バランス満点カラフルおべんとう」や
ケンタロウのべんとう本も参考にしています。

instagramをはじめてからは、たまにコメントもしたりして。
電子書籍版では、家族のおべんとう、おべんとうつくりへの想いも記されていて、
何より、レシピというよりは、
「おべんとうを通して見える、その人の暮らし」がとても楽しかったのです。

毎日おべんとうを作り出して、まだ半年足らずで
10年続けたこたさんには到底及びませんが、同じような気持ちで
これからまだまだ長く続く、おべんとうつくりライフを楽しみたいと思います。