Posts Tagged: 生姜

うめぼし入りおにぎりべんとう

本当に、なんとかかんとか、この1週間を乗り切りました!
とは言っても、まだ忙しさは変わらないので来週も踏ん張らなくちゃいけないのですけどね…。

つくねスープ&おにぎりべんとう

今週も1週間、なんとか乗り切りました。
寒いし、仕事は年度末に向けて忙しくなるし、木曜の夜が一番きつい日です。

もう、詰めるだけの常備菜も底をついたので
朝、ストウブで炊いたご飯をおにぎりにして
電気ポットに、洗って下処理したスナップエンドウを入れて沸騰させるだけ。
あとは温めておいたスープジャーにスープを入れたら、完成です。

スープがあるのは、朝ごはんも、おべんとうにも本当に楽ちんだ―。

去年、清水の舞台から飛び降りて買った
柴田慶信商店さんの、曲げわっぱ。
おかずを詰めるときは、細心の注意を払わないといけないけど
それをしても余りあるくらい、ごはんがおいしく食べられます。

そのせいで。
もともと、ウレタン塗装されていた、
初代まげわっぱ(中国製)との差がありありとわかり、
水分が飛ばないから、ごはんもべちゃっとなるし
なんだかウレタンも剥げてきているし
寿命を迎えそうな勢いです。

かといって、もう一つ、柴田慶信商店さんの、曲げわっぱを購入するには
まだまだ勇気がいります。
十分コスパのよいおべんとう箱ですが
初期投資がねー。

もう少し安価で、日本製のまげわっぱを探しています。
1つ目は、博多曲げ物。
地元ですし、興味があるんだけど、お店が平日しか開いていない。
価格は、秋田のものの半分くらいだけど、ちょっと隙間があいているらしい。
実際に手にとって選びたいので
吉塚まで行けばいいんだけど、なかなか行く機会がありません。

もう1つは、宮崎のめんぱ。

これなら、価格も高くない。
次に買うなら、真ん丸二段のもいいかな。
でも、ごはんとおかずが寄り添っているのも、好きなんだよなー。
実際に見てみたいけど、どこか近くで取扱いはないかしら。

明太子卵焼きべんとう

昨日の夕ごはんの下ごしらえの際に
親鶏こまの甘辛生姜煮、小松菜ともやしの胡麻あえ、
ひじき煮を作っておいたので今朝は比較的、楽ちんでした。

親鶏は地鶏みたいに、噛みごたえがあるので
子どもたちには硬いかな、と思いましたが
旨みが感じられるようで、何度もおかわりしていました。

常備菜とは、いかにご飯の支度のあいだに作ることができるか、というのが
時短のコツだとは分かっていますが
まだまだ小さいムスメ2の相手をしながらだと
平日の夕ごはんの支度と同時進行は難しいです。

今の目標は、
・夕ごはんの支度と一緒に、1品の常備菜をつくること
・翌日のごはんのために、「洗い米」を用意すること
としています。

これだけしておくと、毎日少しだけ、ラク。
夕ごはんのメニューも、基本は「一汁一菜」でよい、という言葉のおかげで
あまり気負わずにいられます。

おべんとうだって、毎日の食事だって
生活の一部なのだから、できる範囲で、
食べたいものと食べなくちゃいけないものを
だいたいのバランスで用意できればいいんでしょうね。

さ、今晩は何の常備菜を追加しようかな。

ごまわかめおにぎりべんとう

170119

昨日はどうしてもやる気が起きず、おべんとうをお休みしたのです。
今日のことをすっかり忘れて。

基本的に10時までに出社するのですが、
月に一度、9時開始の会議に出席しないといけないのです。
それが、今日でした。

2日連続で外食するほど、外で食べたいものがないし。
いつもより1時間早く家を出ないといけないので
超!時短おべんとうを作りました。

といっても、子どもたちの朝ごはんと同じ、おにぎりを握って
昨日の夕ごはんの残りの、鶏つくねと白菜の生姜スープを温め、
作り置きのおかずを詰めるだけ。
いつもこれくらいのスピードで作れるといいなぁ。

できるだけ、早く朝の準備を終わらせるためにも
「夕ごはんの用意のときに、下ごしらえを同時進行しておく」
「買い出しは、1週間のメニューを意識して、週末に」を心がけて
2017年も、おべんとうを続けていこうと思います。

鶏つくねと白菜の生姜煮べんとう

161221

昨日に引き続き、クリスマス前のお悩みです。
プレゼントの準備は済んだので、こちらはあとラッピングをそろえるだけです。

で、さらに悩ませる、ディナーです。
一番盛り上がるメインディッシュですが、
コストコにロティサリーチキンを買いに行くと
朝から並ぶので、勘弁してーという感じです。
なので、今年は、管理栄養士として働く友だちに教えてもらった
かんたんローストビーフにしようかな、と思います。

フライパンで焼き目をつけて、60度前後のお湯で
1時間湯煎にかけるという簡単レシピ。
ソースも特別なものは使わないらしいので
我が家の子どもたちでも食べてくれそうな気がします。

鶏のから揚げでもいいんだけど、特別感が足りないので
ハレの日らしく、牛肉を使うと喜びそうな予感。
味の決め手は、そこそこおいしいお肉を使うことなので
そこだけは張り切りましょう、がんばりましょう。

残りは、ちぎるだけの簡単サラダと、念のための鶏のから揚げかなー。
ケーキどうしようかなー。
アイスにしようかなー。
運よく週末がクリスマスなので、もう少し考えることにします。