卵焼きとかしわめしべんとう

スーパーで親鶏の切り身を見つけると
このごろ作るようになったのが、このかしわめし。

他の炊き込みごはんは食べない、うちの子どもたちも
これならおかわりすることもあるくらい。

コツは、鶏そのものに酒と醤油で下味をつけることと
炊くときに、砂糖とごま油を入れること。
九州らしい、甘めの味付けとごま油の風味が効いて
いくらでも食べられそうです。

今、ムスメが卵焼きをよく食べるようになり毎朝、作っています。
わたしも特訓できるので、一石二鳥です。

今は、柳宗理のフライパンで作っているので
どうしても丸みがかった、オムレツみたいになることが悩み。
よく油がなじんだフライパンなので、難しくないのですが
できれば「ザ・卵焼き」の長方形にしたいな、と思っています。

IHということもあり、銅は使えないのと、テフロンが苦手なので
鉄にしようかな、と思います。

リバーライトのものか、ambaiにするのか。
しばらく悩もう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です