ジミベン

地味だっていいじゃない。おべんとうだもの。

バサロの菜の花まつり

2/4にネットで見つけて気になっていたイベント、
ファームステーションバサロの「菜の花まつり」に行ってきました。

イベントといっても特段大きなイベントではなくて、
バサロ(道の駅 原鶴)の横の畑で栽培されている食用の菜の花が、
100円で袋に詰め放題というもの。

ただの詰め放題ならわざわざ行かないけど、
畑で自分で収穫できるとなれば話は別。
子どもたちにとってもいい経験になります。

当日は昼前には到着したのですが、すでに多くの人が収穫しており、
手前の方の畑はかなり狩りつくされていました。

とはいえかなり広い畑です。
奥の方へ行けばまだまだ美味しそうな菜の花がいっぱい。
ムスコとムスメ1は畑を走り回って収穫を楽しんでいました。

ムスメ2はどこにもいないテントウムシとダンゴ虫を恐れ、
またふかふかして少し歩きにくい畑が嫌だったのか、終始抱っこを要求。

少し時間はかかりましたが、みんな頑張って袋いっぱいに収穫しました。

そして浮羽へ行ったら絶対に行きたいパン屋さん。
シェ・サガラでパンを買って外のベンチでみんなで食べる。
まだ風は少し寒いけど、美味しいパンがたまりません。

いつもは久留米へ抜けて帰ることが多いですが、
この日は再び来た道を戻って、藤井のはちみつに寄って帰りました。

「菜の花まつり」は地味なイベントではありますが、
浮羽周辺は日帰りお出かけにちょうどいいし、
子どもたちの食育的な面からもなかなか良いイベントでした。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ジミベンの最新情報をお届けします

Twitterでジミベンをフォローしよう!


応援お願いします

 

-好きなもの・こと