ジミベン

地味だっていいじゃない。おべんとうだもの。

ミートソースドリアべんとう

昨日の夕ごはんの準備のあいだに、ミートソースを仕込みました。
本当は、ラザニアが食べたかったんだけどたぶん、家族は誰も食べないし、
夕ごはんに食べるには重たいし、おべんとうにしました。

野田琺瑯のホワイトシリーズなら、トースターで焼いて
そのままおべんとうとして持ってこれて、便利です。

オリーブオイル塗ってごはん入れて

茹でたほうれん草→ミートソース→カレー粉→卵→チーズ→グリーンピース、

この順にのせてトースターで15分ほど焼くだけ。
ドリアなら、簡単すぎる。料理と呼べない。

ミートソースは、先日コストコで買った、
クラシコのトマトソースとiherbで買った野菜ブイヨンで作りました。

ラザニアが食べたかったのは
また、「きょうの料理」の谷原章介さんのコーナーで
料理研究家に教わる1品、で紹介されていたから。

料理研究家の飯塚宏子さんの「世界で2番目においしいラザニア」でした。
ラザニア(パスタ)から作ってました。
ミートソースも、ホワイトソースも、大胆だけど丁寧に。

「世界で2番目」なのは、ローマで教わった方のラザニアが1番だから、だそう。
ラザニアも容器から少しはみ出させ、こんがり焼けた部分ができるようにしたり、
ラザニアを伸ばすときは、生地を強くさせるために縦横交互に伸ばしたり、
レシピ本だけでは分からない、細かいポイントも教えてくれるので
谷原章介さんの回は、特に欠かせないのです。

週末だと、パスタまでは作れそうにないので
有給とって、一日かけて作らないと無理そうだなぁ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ジミベンの最新情報をお届けします

Twitterでジミベンをフォローしよう!


応援お願いします

にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ
 

-じぶん弁当
-, , , , , , , , ,