ジミベン

地味だっていいじゃない。おべんとうだもの。

焼きさつまあげべんとう

170111a

遅ればせながら、2017年最初のおべんとうです。
もう、玄米を炊くことしか頭になく、おかずが若干等閑です。
新年1発目だというのに…。

今、ほぼ日に掲載されている、
土井善晴さんの「家庭料理のおおきな世界。」から

「洗い米」にして、ごはんを炊く方法で炊いています。
玄米も、同じように洗い米にして、水につけて一晩冷蔵庫に置いておくと
しっかり水を吸ってくれるので、圧力鍋で炊いたらあっという間でした。
炊き時間は、沸騰してメモリがマックスになったら、とろ火で18分。
硬すぎず、軟らかすぎず、一番好みの歯ごたえに炊けました。

白米はストウブで炊いているので、
いつもと味が大きく変わるわけではないけど
「洗い米」の方法なら、夏でも冬でも関係なく、安心して炊けます。

たしかに、土井さんの言うとおり、水に触れていれば無菌状態を保てない以上、
発酵というか腐りやすくなるわけだし。
我が家の生活スタイルに、ぴったりの方法です。
(洗い米…さっと洗ったお米をざるにあげて吸水させ、ビニール袋に入れ、朝まで冷蔵庫で置いておく)

土井さんはNHKのきょうの料理でもよく見かけるし
物腰が柔らかく聞こえるしゃべりで、結構辛口なところが好きです。
ほぼ日の対談からもわかるように、
その時代に合わせた「家庭料理」のコツを教えてくれます。

「一汁一菜でよいという提案」も、
特に働くお母さんには心強い言葉だと思います。

ごはんと具だくさんの汁物、あとはちょっとしたおかずが1つくらいあれば
栄養的には足りるはずだし、特に平日の夕ごはんならなおさら。
週末に、手の込んだことすればいいんだな、とあらためて。

今年のテーマは「一汁一菜でよいという提案」でいこうと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ジミベンの最新情報をお届けします

Twitterでジミベンをフォローしよう!


応援お願いします

にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ
 

-じぶん弁当
-, , , , , , , ,