はたはたの干物べんとう

161128

先日、以前よりお世話になっているカメラマンさんから
「はたはたの干物」をいただきました。
九州に住んでいると、なかなかお目にかかれない「はたはた」。
漢字だと「鰰」と書き、秋田県の県魚だそう。
地元だと、煮たり焼いたり、と食べられるようです。

いただいた干物は、じっくり焼くと、
はたはたの持つ脂でさらに骨まで柔らかくなるということなので
その通り、焼いてみました。

まーおいしい!
我が家の魚好き子どもたちも、しっぽまで残さず食べておりました。
個人的には、ししゃもより骨が気にならないかも。
おべんとうにもちょうど良いサイズで、ついでに多めに焼いて
朝ごはんにも出したら、これまたばくばくと食べていました。

我が家の子どもたちは、肉はもちろんですが
魚だって、しっかり食べています。
魚離れ、とか言いますが
スーパーで3枚おろしにするサービスだって結構あるし、
干物や切り身でも売ってるから、あとは親しだいな気がするんですけどね。
調理法だって、焼くか煮るかなら、夕ごはんの時短にもなるのになー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です